Blog&column
ブログ・コラム

死亡保険の平均金額ってどれくらい?

query_builder 2022/01/15
コラム
27
長い人生のなかで、いつ何が起こるかわかりませんよね。
死亡保険はもしものとき、安心できる備えとしての役割があります。
そこで今回は、そんな死亡保険の平均の金額をみていきます。

▼タイプ別の死亡保険の平均金額
「生命保険文化センター」が調査した「生命保険に関する全国実態調査」をもとに、タイプ別に死亡保険の平均金額をみていきます。

■世帯主
世帯主に支払われる「普通死亡保険金額」の平均は1,406万円となっています。

■妻
妻に支払われる「普通死亡保険金額」の平均は807万円となっています。

■年代別
年代別に支払われる「普通死亡保険金額」をみていきます。

・30未満…1,766万
・30代…2,095万
・40代…2,002万
・50代…1,671万
・60代…1,041万
・70代…684万
・80代…503万
・90代…391万

30代の死亡保険金額が1番高くなります。
この死亡保険金額が高いか安いかは、それぞれの環境やライフスタイルによって変わります。
自分にあった金額の死亡保険金が支払われる保険を選ぶことが重要です。

▼死亡保険金の役割
死亡保険金は、故人のあとに遺された家族が生活するために必要なお金です。
減ってしまう収入を補うことができるかどうかが、死亡保険選びのポイントになります。
ライフステージは変化していきます。
死亡保険は現在の生活だけでなく、様々なリスクをシュミレーションしながら決めることをお勧めします。

▼まとめ
家族構成・年収・ライフステージは一人ひとり違います。
弊社では保険を必要とするお客様はもちろん、これから保険を検討されているお客様にも最適な保険プランをご提案いたします。
まずはお気軽に無料のお電話相談からご検討いただければと思います。

NEW

  • query_builder 2021/10/14
  • 大切な人は?誰の為に?

    query_builder 2021/10/11
  • がん保険の最新化、なにが、かわるのか?だから?

    query_builder 2021/10/11
  • やめなかったあのがん保険どんな保障?

    query_builder 2021/10/11
  • 今日を生きる、そして未来と夢に生きるための保険

    query_builder 2021/10/10

CATEGORY

ARCHIVE