Blog&column
ブログ・コラム

死亡保険とは

query_builder 2021/12/01
コラム
21
死亡保険とは具体的にどのような保険なのでしょうか。
今回は死亡保険について、加入するメリットや種類について解説致します。

▼死亡保険とは
死亡保険とは、死亡保険に加入されている「被保険者」が亡くなられた場合、残された遺族に対して支払われる保険料です。
また、被保険者の死亡だけでなく、入院や高度の障害を持った場合でも保険金が支払われます。

▼死亡保険のメリット
「自分に万が一の事があった場合、残された家族の為にお金を残してやりたい」と思っても、なかなかすぐに用意できるものではありません。
特に小さなお子さんがいらっしゃる場合であれば、生活費に学費にと考えると、数千万円のお金がかかる事も考えられます。
死亡保険に加入すれば、万が一の場合にすぐにお金が準備できるというのが大きなメリットといえます。

▼死亡保険の種類
死亡保険には定期型、終身型の2種類があります。
それぞれに特徴がある為、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

■定期型
定期型の死亡保険とは、一定期間だけを保証するという内容です。
保証される年数が決まっていたり、保証される期間が決まっている場合もあります。
満期まで生存し、保険金を支払い終わった後に貰える満期保険金という制度が無い為、掛け捨ての保険とも呼ばれます。

終身
終身型の死亡保険とは、死亡するまで一生保証が続きます。
定期型よりも保険料としては高くつきますが、途中解約などした場合でも解約返戻金を貰うことが出来ます。
一生払い続けて、死亡時に遺族が受け取ることが出来ますが、ある程度の年齢まで行ったら解約するつもりで、貯蓄代わりに加入するという方もいらっしゃいます。

▼まとめ
死亡保険は家族の為、もしくは将来の自分の為に加入します。
死亡保険の特徴をしっかりと理解し、自分にあった死亡保険に加入するようにしましょう。

NEW

  • query_builder 2021/10/14
  • 大切な人は?誰の為に?

    query_builder 2021/10/11
  • がん保険の最新化、なにが、かわるのか?だから?

    query_builder 2021/10/11
  • やめなかったあのがん保険どんな保障?

    query_builder 2021/10/11
  • 今日を生きる、そして未来と夢に生きるための保険

    query_builder 2021/10/10

CATEGORY

ARCHIVE