Blog&column
ブログ・コラム

死亡保険に20代で加入する理由

query_builder 2021/11/01
コラム
17
死亡保険に限らず、若い世代ほど保険加入者は少ない傾向がみられます。
しかし、20代でも死亡保険に加入する意味があり、メリットもあります。
今回は、死亡保険に20代で加入する理由についてお話します。

▼20代で加入する意味
死亡保険と聞くと、20代の若い世代にとっては現実味が無いかもしれません。
しかし、若いうちに保険に加入しておくことで保険料が安くなるというメリットがあります。
年齢を重ねるごとに病気や死亡のリスクは高まり、それに比例して保険料も高くなっていきます。
長い人生を考えると、将来を見据えて20代のうちに死亡保険の加入を検討しておくのがよいでしょう。

▼死亡保険の役割
死亡保険とは、遺族に残すものという印象を持つ方も多いのではないでしょうか。
しかし、死亡保険とは掛け捨てと貯蓄型とがあり、将来の自分の為に保険料を支払うケースもあります。
正しい知識を持って保険を選ぶことで、将来の生活をサポートしてくれる保険となりえます。

▼死亡以外でも保証
死亡以外の入院などの場合、死亡保険から保証されるケースがあります。
20代でも既婚者であったりお子さんがいらっしゃる方であれば、家族のことを考えると入院などリスクを考えると死亡保険への加入は意味のあるものです。

■既婚の場合
既婚の方で入院してしまうと、共働きでない限り収入が全く無い状態となります。
保険に加入しておらず保証が何も無いとなれば、かなりリスクが高いのではないでしょうか。
特にお子さんがいらっしゃる場合などは、加入することで普段の生活も気持ちに余裕ができます。

■独身の場合
独身の場合であれば、既婚者ほど大きな金額の保険に加入する必要はないかもしれません。
しかし、身近な親族がいない場合など入院での収入がなくなるリスクがあるのは間違いありません。
自分に合った保証の死亡保険を選ぶと良いでしょう。

▼まとめ
若くして死亡保険の事を考える事はあまり現実味が無いかもしれません。
しかし、家族がいる場合や保証がないことへの不安を軽減することが出来るでしょう。
しっかりと死亡保険の役割や意味を理解して、果たして自分にとって必要かどうか、必要であればどういった保険が適しているのかなどの知識を持っておくことが大事です。

NEW

  • query_builder 2021/10/14
  • 大切な人は?誰の為に?

    query_builder 2021/10/11
  • がん保険の最新化、なにが、かわるのか?だから?

    query_builder 2021/10/11
  • やめなかったあのがん保険どんな保障?

    query_builder 2021/10/11
  • 今日を生きる、そして未来と夢に生きるための保険

    query_builder 2021/10/10

CATEGORY

ARCHIVE