Blog&column
ブログ・コラム

医療保険における入院給付金とは?

query_builder 2021/10/05
コラム
10
医療保険の基本的な保障の1つに「入院給付金」というのがあります。
これは、病気やケガで入院した際に支払われるお金のことです。
今回は、入院給付金のタイプについて詳しく見ていきましょう。

▼入院給付金について
入院給付金は、病気やケガの治療を目的に「入院」した場合に支払われます。
突然の医療費の出費や入院期間中の収入減をカバーすることができますよ。
しかし検査入院など、治療を目的としない入院では支払われないので注意が必要です。

▼入院給付金のタイプ
入院給付金は、入院日数に応じて保障される「日額タイプ」が一般的となっています。
商品によって日帰り入院から対象となるものもあれば、5日以上の入院で1日目から対象となるものなど、支給条件が異なります。
日額タイプの最大の魅力は、「日額(入院給付金)×実際に入院した日数」分の金額が保障されるので、入院が長びいても安心できるところでしょう。
しかし、1回の入院での支払限度日数は60日・120日・180日など保険の商品ごとに決まりがあるので、くれぐれも慎重に選ぶようにしましょう。

▼まとめ
入院給付金は、病気やケガで入院した際に支払われるので、健康診断や人間ドックなどの検査を目的とした入院や正常分娩での入院は支払いの対象にはなりません。
また保険金や給付金というのは、給付申請をしなければ受け取ることはできないので、入院が決まったら早めに保険会社へ連絡しましょう。
がんや女性特有の疾病による入院に備えておきたい…とお考えであれば、アフラック募集代理店の「有限会社ペトラルカジャポン」へご相談ください。

NEW

  • query_builder 2021/10/14
  • 大切な人は?誰の為に?

    query_builder 2021/10/11
  • がん保険の最新化、なにが、かわるのか?だから?

    query_builder 2021/10/11
  • やめなかったあのがん保険どんな保障?

    query_builder 2021/10/11
  • 今日を生きる、そして未来と夢に生きるための保険

    query_builder 2021/10/10

CATEGORY

ARCHIVE