Blog&column
ブログ・コラム

医療保険と生命保険の違いについて

query_builder 2021/10/01
コラム
9
今回は、「医療保険」と「生命保険」の違いを分かりやすくお伝えしていきたいと思います。
自分や家族の為に保険の加入を考えている方などは、是非参考にしてみて下さいね。

医療保険と生命保険の違いについて
医療保険と生命保険の大きな違いは、保障される内容が病気やケガなのか、それとも死亡なのかというところです。

医療保険→病気やケガに備えるための保険
・生命保険→死亡に備えるための保険

また保険金受取人についても、医療保険であれば契約者本人が保険金を受け取るケースが多く見られます。
生命保険は、契約者が亡くなった時に保険金がおりる仕組みとなっているので、契約者の家族などが保険金を受け取ることになります。

医療保険と生命保険どちらに入ればいいの?
病気やケガの他に死亡のリスクにも備えるのであれば、医療保険と生命保険の両方に加入しておくのが一番安心です。
しかし、複数の保険に入るのは金銭的に厳しいという場合は、ご自身が優先する目的で、保険の加入を決めてみてはいかがでしょう。
例えば病気やケガの保障よりも万が一のことがあったときに、遺族にお金を残しておきたいと考える方もいるでしょう。
その場合は、医療保険よりも生命保険の方が目的に適していることになります。

▼まとめ
医療保険と生命保険の違いは、「何に備えるのか」、「誰が保険金を受け取るのか」という点です。
また保険商品の中には、医療保険に死亡保障が付いているものもあるので、病気・ケガ・死亡のリスクに備えたい方にオススメですよ。
アフラック商品に関する相談ができる店舗をお探しであれば、有限会社ペトラルカジャポンへお問い合わせください。

NEW

  • query_builder 2021/10/14
  • 大切な人は?誰の為に?

    query_builder 2021/10/11
  • がん保険の最新化、なにが、かわるのか?だから?

    query_builder 2021/10/11
  • やめなかったあのがん保険どんな保障?

    query_builder 2021/10/11
  • 今日を生きる、そして未来と夢に生きるための保険

    query_builder 2021/10/10

CATEGORY

ARCHIVE